ロシアの農業関連企業がウズベキスタンに150億ルーブルで温室施設を建設
2021-04-11 11:03

ロシアの農業関連企業がウズベキスタンに150億ルーブルで温室施設を建設

ロシアの農産業ホールディング「エコ・カルチャー」は、ウズベキスタンにトマト栽培用の温室団地を建設する。プロジェクトの総投資額は約150億ルーブルになる。

RIAノーボスチ通信によると、第一段階の投資額は20億ルーブルで、今年中に開始される予定だ。

このコンプレックスは150ヘクタールを占め、一年中室内でトマトを栽培する予定だ。

同社の計画によると、2024年までに新しい温室での生産量は年間8万トンを超えるという。トマトはロシアに供給されますが、将来的にはペルシャ湾やアジアにも生鮮野菜を輸出する予定です。

現在、第一期工事として、約13ヘクタールの敷地にハウスを建設中です。真夏の稼働を予定しています。同時に、1万平方メートルの広さの卸売・流通センターも建設中です。

Eko-kultura」は、ロシア最大の温室野菜生産者の一つです。スタブロポリ地方、レニングラード地方、トゥーラ地方、リペツク地方、ヴォロネジ地方に温室を所有しています。主にキュウリ、トマト、レタスを生産しています。

ロシア製です。

著者クセニア・グストワ