2021-06-15 05:31

"Kamaz "は、デュアルフューエルの幹線トラクターのプロトタイプを作成しました。

カマズ社は、デュアルフューエルモードで稼働する幹線トラクター「Kamaz-54901」の最初のサンプルを開発し、組み立てました。

同社の担当者によると、ディーゼル60%、圧縮天然ガス(CNG)40%の割合で使用することで、走行中のディーゼル燃料を節約することができる。また、ガスの燃焼時に粒子状物質を排出しないため、環境への有害な排出を抑えることができます。

現在までに、このような車両を2台組み立てています。

"カマズは、ロシア最大のトラックメーカーであり、世界でもトップ20に入るメーカーです。同社は、ベトナム、カザフスタン、パキスタン、インドに組立工場を持っています。カマズ社が製造するトラックやディーゼルエンジンは、CIS、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカの80カ国以上で使用されています。Kamazの最大の株主は、ロシア技術公社(47,1%)、アフトインベスト(23,54%)、ドイツのダイムラー(15%)となっています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ