タタルスタンの貿易協力は160カ国をカバーしている-地域の責任者
2021-07-29 04:23

タタルスタンの貿易協力は160カ国をカバーしている-地域の責任者

約160カ国がタタールスタンの貿易パートナーであると、国際経済サミット「Russia - Islamic World」の本会議で、ルスタム・ミニハノフ共和国大統領が述べました。KazanSummit 2021」での全体討論で、ルスタム・ミニハノフ大統領は次のように述べました。

彼は、企業と政府の建設的な対話において、商工会議所(CCI)の重要な役割を指摘しました。パンデミックの際には、地域のCCIが起業家を支援する効果的なツールとなり、当局が商工会議所と協力する必要性が確認されたと、タタールスタン共和国の首長は付け加えました。

ミニハノフ氏によると、タタルスタン共和国はロシアの中でも経済的に発展している地域です。タタルスタン共和国は積極的に輸出を展開しており、昨年の実績では約160カ国がタタルスタン共和国の貿易パートナーとなりました。

「商工会議所は、共和国の対外経済活動の発展において重要な位置を占めています。商工会議所は共和国の対外経済活動の発展において重要な位置を占めており、我々のビジネスを世界的な経済関係のシステムに統合する手助けをし、商品の輸出を支援し、ビジネスミッションを組織しています。このような緊密な協力関係が今後も継続されることを願っています」とミニハノフ氏は述べ、この地域は「外国のパートナーとの幅広い協力関係に開かれています」と付け加えた。

ロシア - イスラム世界。7月28日から30日にかけて、ロシアとOIC加盟国による国際経済サミット「KazanSummit 2021」がカザンで開催されます。このサミットは、ロシアとOIC加盟国の間の貿易、経済、科学、技術、社会、文化の結びつきを強化することを目的としています。

2021年のフォーラムの主軸は「コンシャス コンサンプション」で、ビジネスプログラムの主要テーマは、パートナーファイナンス、ハラル産業、青年外交、医療、スポーツ、クリエイティブ産業、輸出開発、起業家精神、投資などです。このイベントの会場では、ロシアハラルエキスポや機械工学クラスターフォーラムも開催されています。

2019年のサミットには、72の国とロシアの38の地域から3.5千人の代表者が参加しました。今年は60か国から2.5千人以上がサミットに参加しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者クセニア・グストワ